LPデザイン制作を依頼する

稼げるようになってからデザイン発注する問題

message

今回は、私自身、過去にそう思ってたからこそ
痛いほど心境がわかるトピックを
あえてテーマにしていこうと思います。笑

こんな方におすすめの記事です!
・デザインは稼げるようになってから作ろう!と思っている
・デザインに払うなんて無駄金だ、、と思っている
・デザインの必要性がよくわからない

さっそく結論を申し上げますとデザインは、
稼げるようになってからではなく
むしろ、稼ぐための脇役として活躍するツールだと、私は思っています。

デザインという響きから、華やかさや煌びやかな印象を想像する人は
たくさんいると思います。

何を隠そう、私がそう思っていましたから。^^;

お洒落に見せるために!なるべく盛って魅せるために!!
みたいな感じに。

特に顕著なのが広告。
昔なら過剰表現してもそれはそれでアリだったのかも知れません。

(未だにギラついた感や、盛りまくりキラキラ感の強い広告ってありますが
デザインの仕事しておいて何なのですが、私は、そういう類の広告って、苦手です・・。)

なので、デザインって装飾でしょ、その装飾、必要ないでしょって気持ち
すごくよくわかります。

私がデザイナーになろうと思ったきっかけにもあるのですが

特に私が関わっている、事業を盛り上げるためのデザインって

装飾して綺麗に見せることが役目ではない

んですよね。

もちろん、情報を整えて見えやすく装飾する、という意味では
使っていますが

誇張したり、嘘をついたり、
誤魔化したりするために扱うものではない、ということです。

嘘つくつもりじゃなくても、それって嘘じゃん、、、、ってものも
多く存在しますよね。

で、そんなイメージのある分野なので、結構勘違いされやすくて

よく「デザインが良ければ売れますか?」とか
売れるLP作ってください!」という声をいただくことが稀にあります。

ですが、申し訳ないですっ!

そんなことは魔法使いにしかできません。(キッパリ)

一時的に稼ぐために盛ってデザインする人も正直見かけるので
きっとそういうデザイナーが存在する故の、その質問なんだと思います。


ですが、よくよく考えてみてください。

そんなデザインって

中長期的にみたら、自分自身のブランドに傷がつきますし

お客様だって気づきますよね?リピーターのお客様にはなり得ません。


それって結局、誰が喜ぶんだろう、、、?

・・・誰もいないんじゃないの・・?

とさえ個人的には思ってしまいます。

そんな小手先の商売するよりも、中長期的にみて
ブランディングが確立していくデザインをもっていた方がいいじゃないですか。

もうね、そういう人たちを見ると、ほんと損してる!勿体無い!!って思うんです。

私にとって、デザインは

webでのコミュニケーションをサポートするツール

として位置付けています。

誤解を恐れずに申し上げるならば
熱い想いの事業家さんには、売上が上がって欲しい。儲けて欲しい。

その熱い想いって

想っているだけじゃ、伝わらないじゃないですか。

だからデザインで縁の下の力持ち的な存在で、届きやすくチューニングをする。

すごくシンプルなツールなんです。

情報過多な時代で
あまりよくわかっていない人の話を
文章だけの文字をしっかり読んでくれる人って

なかなかいないと思うんですよね。

私のように凡人ならば、尚更。

初めての人と話す時って、何らかの印象を持つと思うのですが


その時に、身だしなみとか、話し方とか、仕草とか
凝視しなくても、情報として入ってきませんか?

化粧が上手だな〜とか、笑顔が素敵だな〜とか
声がいいな〜とか。

それがオンラインのwebの世界でもあると思っています。

サイトを見ている「人」がいる。

SNSの投稿を読んでくれている「人」がいる。

でも小さくても個々が発信していくにあたって

目にしてもらった瞬間に、印象が伝わった方が絶対にいい!と想うんです。

つまり、何を申し上げたいかというと、デザインは

ビジネスがまだ小さいからデザインは不要

なのではなく

むしろ、ビジネスを盛り上げるためにデザインを活かすべき

だと想っています。

話し上手じゃなくても
説明がうまくできなくても

想いや素敵なサービスをお持ちなら

デザインの力でフォローできることはたくさんあります。

ぜひ、デザインの力を信じてみてください。

そしてあなたのビジネスに活かして、沢山の方を笑顔にしてください^^

よかったらシェアお願いします!泣いて喜びます…
書いてある内容
閉じる