LPデザイン制作を依頼する

何故ターゲット層を設定するのか

こんな方におすすめの記事です!

  • なんとなくしか決めたことがない人
  • 決めるとはわかっているけど、いまいちよくわかってない人
  • 細かく決めて1人に絞るのはなんで?と思ったことがある人

ターゲットは1人に絞る!の真意

商品を作ったり、ウェブサイトを作る際に、ターゲットを決めていると思います。

それ、、、

本当に、本当に、、必要だと理解して作っていますか?

というのも、私自身、、

特にこのwebデザインで仕事をするまでは
正直、、ぼんやりとした理解で済ませていました。

1人に絞り込めば刺さるメッセージになるから!
というのはごもっともなんですが

ビジネスど素人だった私には、これがしっくりこなかったんですよね。

とにかくやってみよう!!と行動はしてみるものの

絞ります!

やってみました。

んー、、、、

堂々巡りでして。。苦笑

世の中に人はたくさんいるのに、誰に届けるって?
その人が自分の情報を欲しがってるかどうかなんて、どうやってわかるのさ??

って思いません?

当時の私は、そんなふうに混乱しておりましたね、、、笑

そんな昔話はさておき。

皆さんは、雰囲気が好きなカフェってありますか?

そのあなたの好きなカフェって、実は、、
あなたがターゲットなんです。(ヒョエーー!)

でも。

店長さんから、どんな店が好き?作ってあげますから!とか
あなたを追いかけるストーカーとかではないはず。

でもでも、そのお店には、どういうわけか

あなたのが好む要素が
しっかりと取り込まれていませんか?

そう。狙って創っているんです。

逆側の立場から見てみましょう。

仕掛けられる側から仕掛ける側へ

あ、ちなみにですが、“仕掛ける”“仕掛けられる”っていう言葉は
あまりいい印象を抱かないかも知れませんが

個人的には
お互いにwin-winの関係のモノ・コト・感情であれば
アリかなと思っています。

では本題に戻りますね★

あなたの好きなお店の「オーナーさん側」から見た「お客様像」を考えてみましょう。

まず、その好きなお店に入った時に見えているものはどんなものですか?

このお店の店構えや、提供メニュー、ライトや壁紙などの雰囲気、音楽BGM、、、、、

そういった要素があるかと思いますが
どれも、素敵なものばかりですよね。

その一つ一つの要素には、こだわりがあって
それらが一つの空間で活かされていますよね。

その一つの空間を創る原石のようなものを「コンセプト」と呼ばれたりもしますが

要は、

そのオーナーさんの秘めるコンセプトや想いから創られた世界観を、
店舗という、見える形に散りばめてくれているから

私たちがそのメッセージを受け取れている。

ということです。

つまり、

そういった空間を、オーナーさんが創り上げていて、

これらの雰囲気が好きな人=あなたが

自ら足を運び

そのお店を選び、カフェしてるのです。

オンラインでも同じ

これはカフェ経営に限らず、ネットを使ったビジネスについても同じことが言えます。

私が携わるwebデザインで言えば
webには、WebサイトやランディングページやSNSなどなど
色々なプラットフォームがありますよね。

自分が導きたい空間を叶えるために
必要な要素を活用しながら
お客様に合う形で提供していく。

そのためには、、、

そうなんです!ターゲット設定です。それも、細かな。


ここでようやく、ターゲットの必要性が出てきましたね。笑

具体的には

どんな好みをまとう人なのか(超重要!!!)
を知る必要があるんです。

ぜひここを抑えて、素敵なお客様と出会って

最高のライフスタイルを送ってくださいね♪

よかったらシェアお願いします!泣いて喜びます…
書いてある内容
閉じる