LPデザイン制作を依頼する

「自分らしさ」と「ブランディング」は同じではない!

gokan

最近よく、「らしさ」とか「ブランディングが大事」といった言葉を耳にしませんか?

「自分らしいビジネスを」「あなたはブランディングしていますか」などなど。

私も個人ビジネスに関わるようになって、「らしさ」について色々と学んできましたが
たまに「自分らしさを出すことが、ブランディングだ!」みたいな発信を見るので

なんかちょっと誤解されやすいなと思い、今回テーマにしてみました。

この記事はこんな方におすすめ!
・「自分らしさ」と「ブランディング」を混同してしまっている人
・個人ビジネスでブランディングが必要だと感じている人
・自分らしくビジネスしたい人

まず、ブランディングってご存知でしょうか。

例えば突然ですが、
あなたが何らかのアクションをした時に、それをみた親しい人が

「〇〇ってあなたらしいよね〜」
「これ、あなたっぽくない?」

と、自分の印象を言われたことはありませんか?
そしてその時、あなたはどんな反応をしましたか?

自分っぽい!自分らしさが出てるー!って時には「Yes」で

ん〜ちょっと違うなぁ、、そんな感じじゃないな、、って時には「No」かな、と。

これがいわゆる、個人事業で大切だと言われている「ブランディング」の部分です。

ですが、「らしさ」と「ブランディング」って似ていませんか?

それもそのはず!
実はどちらも、自分の内側から創り上げられているものなんですよね。

だからこそ間違えやすいのですが、これらは似て非なる別物だと覚えておいてくださいね。

ではどう見分ければいいかというと、簡単に言ってしまえば

・Yesの場合には、「らしさ」と「ブランディング」が合致している時
・Noの場合には、「らしさ」と「ブランディング」が合致していない時

に出ている反応になります。

「らしさ」と「ブランディング」って、具体的には何が違うのか?

これら2つは

「らしさ」は、自分がもっているもの
「ブランディング」は、相手が自分を見たときのもの

と分類ができます。つまり、、

らしさ=自分評価
ブランディング=他人評価

からできている、ということがわかります。

人によって多少定義や表現が異なりますが、私はこのように捉えています。

つまりですね、別の言い方に直しますと、

ブランディングって、自分がどう見られたいか、で創れるものなのです。

らしさ100%を詰め込んで「見せる」こともできるし
いい人に「見せてしまう」ことだってできてしまいます。。。

怖い。。w

そしてもう一つ大切なこと。それは、

あなたにも、ブランドがある、という事実です!

この言葉を聞くと、決まって

「自分には無いよ〜」と恐れ多い気がしてしまう人もいますが

誰もがもっています、誰もが既に、です。

ビジネスしてようが、してまいが、もっているんです。

ただ、気づいていないだけ^^

これをビジネスでは、使おうと意識して使っている、ただそれだけのことなんですけどね。

もし分からなければ、自分の印象を、知り合いや専門の人に聞いてみるといいですよ。

そうすると、その反応で

あなたが人からどう見えているのか

今、どうブランディングされている状態なのか

を客観的に知る事ができます。

もしその反応を知って、ん?違うんだよな、、、と
納得のいくものでないならば、

ブランディングを変えちゃえばいいんです。

いいんです、変えて。

だって相手から、「自分らしくない自分」で見られてたら、
正直、ストレス感じません??

そうであれば、どう見られたいのかを意識して創ればいいんです。

五感フル活用で、自分らしいブランド全開で過ごしましょ!

きっと、気の合う人が増えてきますから^^

よかったらシェアお願いします!泣いて喜びます…
書いてある内容
閉じる